• 0465-64-1600

浜辺の診療室から

死とは、実態である生命がないところ
(死と向き合うこころ 第7回)

  • 高齢者の終末期

宗教学者である岸本英夫さんは、旧制高校時代は理科におり、大学で宗教学に切り替えたのだと、脇本さんは語っています(平成12年2月6日 NHK教育テレビ「こころの時代」にて)。その岸本さんは、アメリカにいたとき悪性黒色腫という疾患を患い、以後、10年におよぶ闘病生活を送ったあと、腫瘍が脳全体に広がって永眠されました。

宗教学者でありながら「肉体の崩壊とともに自分の意識も消滅するのであって、死後の世界を信ずることは、自分の合理性が納得しない」と、死後の世界を強く否定するすがたは、岸本さんが書かれた『死を見つめる心』(講談社版 1973年)に詳しい。

紹介しましょう。

 

 人間には無ということは、考えられないのだということである。

 人間が実際に経験して知っているのは、

 自分が生きて生活しているということだけである。

 人間の意識経験がまったくなくなってしまった状態というものは、

 たとえ概念的には考えても、実感としては考えられないことである。

 その考えられないことを人間は、死にむすびつけて、無理に考えようとする。

 そこで、恐ろしいこととなるのではないか。

 

 私は、その絶望的な暗闇を、必死な気持ちで凝視しつづけた。

 そうしているうちに、私は、一つのことに気がつき始めた。

 それは、死というものは、実態ではないということである。

 死を実態と考えるのは人間の錯覚である。

 死というものは、そのものが実態ではなくて、

 実態である生命がないところである、というだけのことである。

(『死を見つめる心』から)

目次

認知症

高齢者の終末期

老いるということ

新型コロナウイルス感染症

心療内科

介護・医療・福祉の現場から

生をめぐる雑文

ページトップへ戻る