• 0465-64-1600

浜辺の診療室から

代謝する組織(その2)――老いない組織や、環境に影響されない組織もある

  • 介護・医療・福祉の現場から

生命体には自然治癒力がありますが、

それも老いて経年劣化することは、

もはや多くの人が知るところです。

けれども、すべての生命体が

老いるわけではありません。

ベニクラゲの例や、微生物の世界では

老いや経年劣化する概念さえないのです。

そう考えると組織は、

ヒトのような生命体より

微生物に近い代謝をしているように思えます。

 

さて、自然治癒力というときの力とか

経年劣化というときの劣化とか、

その概念さえないという“現象”を

わたしたちは、どう理解すればよいのでしょう。

結論をいえば、アタマで理解するのでなく

現象は現象として認めてしまえばよいのです。

 

たとえば医療の世界では、

細菌における薬剤耐性の話題があります。

抗生物質の乱用によって細菌が耐性を獲得すると、

やがてその抗生物質が効かなくなる――これが薬剤耐性である。

といった話を耳にしたことはありませんか ?

こうした説明を受けると、わたしたちは

まず細菌があり、あとから登場した抗生物質という薬剤が

そこに作用した結果、細菌が“賢く変質した”と思いがちです。

 

けれども細菌は、

抗生物質という薬剤がある・ないにかかわらず、

薬剤耐性という力を内に秘め、発揮しています。

この現象は、ふとしたことで生じた遺伝子つまり耐性遺伝子が

恒常的に生まれることによって、もたらされます。

細菌が、特定の薬剤に対する耐性遺伝子を持つ現象は 事前に、

しかも細菌自身のなかで、一定の確率で「常に」起きているのです。

 

 

さて……変容する細菌と、変容する組織は

似ているのでしょうか ?

それとも、似ていないのでしょうか ?

目次

認知症

高齢者の終末期

老いるということ

新型コロナウイルス感染症

心療内科

介護・医療・福祉の現場から

生をめぐる雑文

ページトップへ戻る