• 0465-64-1600

浜辺の診療室から

じつはなかった “終生免疫(二度罹りなし)”
2021年2月

  • 新型コロナウイルス感染症

伝染する感染症は、ワクチンを打てば予防できるのではないか?

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)やジフテリアは終生免疫が成り立つというし、

個体差はあっても免疫記憶が成り立つのが常識だったはずでは?

との疑問を抱く方も多いと思います。

 

しかし終生免疫(二度罹りなし)については、

これも従来の免疫学的常識が誤っていたことが、近年明らかにされました。

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)やジフテリアのように、

全身症状がみられる感染症ほど有力な抗体が誘導されて、

抗原排除や免疫記憶が強く残るとされてきましたが、

その抗体も排除システムも、

時が経つにつれて日々薄れていってしまうことがわかりました。

 

一度感染したり、ワクチンをすれば二度罹りなしのようにみえたのは、

ときどきウイルス(抗原)攻撃を受けるたびに、その都度免疫記憶が活性化され、

ウイルス駆逐反応が個々人で迅速に起きていただけのこと――

それが真相らしいのです。

 

ですから “終生免疫” が成り立つとされてきた麻疹(はしか)は、

予防接種後30~40年以上も経って発症するケースが問題になっています。

ウイルス攻撃を受けないクリーンな環境に長くいれば、

免疫記憶は劣化していくことで、再感染が起きるということになります。

 

 

流行性耳下腺炎やジフテリア、百日咳のように、免疫記憶が長く続く場合と、

そうでないインフルエンザ(持続は数カ月)や帯状疱疹(ほとんど続かず)があるように

病原体によって免疫が長く持続する場合と、そうでない場合がある理由は?

……そのあたりは、まだわかっていないというのが実情のようです。

目次

生をめぐる雑文

新型コロナウイルス感染症

老いるということ

認知症

高齢者の終末期

ページトップへ戻る