• 0465-64-1600

浜辺の診療室から

短期的効果なら期待できるワクチン接種
(感染拡大とワクチン接種 第11回)
2021年2月

  • 新型コロナウイルス感染症

2021年の上半期に「ワクチンと集団免疫」をまとめてみた理由は、

接種時期が刻一刻と迫っていたからです。

多くの人たちがワクチン接種を受ける以上、

集団免疫についての知見をまとめておきたいと考えました。

接種を受ける人は、3つの群に分かれると思われます。

 

1群:接種を希望する人たち →体調が良ければ、接種を受けるはず

2群:現時点では接種したくない人たち →接種会場には行かないはず

3群:さしあたり接種しないで静観する人たち →今後、情報収集をしていくはず

 

 

日常診療の場でも、じつは3群に属する方々からの質問が増えています。

他の医療機関スタッフも多かれ少なかれ、こうした質問を受けているようです。

集団免疫については、行政や国からの声明や公式な説明がなく、

しかも全体像不明の新興感染症ですから、

医療関係者はそれぞれの思いで応えればよいと思います。

それでは困るというなら、

実施を推進する行政や国が説明しているQ&Aから推し量るしかないでしょう。

 

 

「感染拡大とワクチン接種」シリーズで得られたまとめ――それは、

① ワクチン接種によって、短期的効果は期待できる。

② 新型コロナの場合、集団免疫は期待できないと思われる。

③ それ以上のことはワカラナイ。

 

さもしいまとめで悲しい限りですが、

それ以上の説明は、行政や国からの声明をお待ちください。

目次

認知症

高齢者の終末期

老いるということ

新型コロナウイルス感染症

心療内科

介護・医療・福祉の現場から

生をめぐる雑文

ページトップへ戻る