浜辺の診療所 内科・老年内科・呼吸器・アレルギー・心療内科

電話番号:0465-64-1600

診療科のご案内

内科 生活習慣病、健康診断など

生活習慣病とは、発病に生活習慣が関係している疾患群をいい、ガン、脳血管障害、心臓病のほか、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、高尿酸血症など、多くの疾患が含まれます。 生活習慣病と称される高血圧も、脂質異常症も、糖尿病も、古くから知られた疾患ですが、病的かそうでないかの基準はいまだに揺れています。性別や年齢に基づいた科学的データと、家族歴や既往歴など個としての環境を考慮し、総合的な判断が必要でしょう。
ともあれ生活習慣病と向き合う目的は、オーダーメイドの治療をとおして、放置されることで進む血管病変を予防する点にあります。

なお健康診断は一般健診や企業健診のほか、健康いきいき健診を用意いたしました。
健康いきいき健診は45歳以上が対象で、各種身体計測値が加わるほか、オプションとして骨密度、血管年齢、腫瘍マーカー、認知症や更年期かどうかの判断が可能です。
詳細についてはお問い合わせください。
コメントは機械判定によらず、それぞれの病歴を踏まえた総合評価を医師が作成します。

企業健診を希望される場合は、特殊健診の有無やメンタルヘルスケア対応の有無が含まれてくるため、まずは人事もしくは事業所からご一報ください。
健診結果は、時系列に沿ったオーダーメイドのコメントを用意いたします。

老年内科

老いに伴って増える内科系疾患には、生活習慣病以外に心機能低下(急性・慢性心不全)、腎機能低下(慢性腎不全)、甲状腺機能低下、前立腺疾患、摂食・嚥下障害、肺炎、慢性閉塞性肺疾患、パーキンソン病、褥瘡などとともに、認知症があります。

認知症では脳の機能低下が起きており、ある部分が集中的に低下する場合と、軽いながら広汎に低下していく場合があります。
脳のパーツが損なわれると、さまざまな症状が出てきます。また、ご本人だけでなく、家族や社会の負担がぐっと増えるのも認知症の特徴です。特養を持つ社会福祉法人立の医療機関という特性と強みを活かし、認知症をサポートする立場で対応いたします。

なお高齢者では、骨がもろくなる骨粗しょう症や、転倒後の骨折もよく経験するところですが、これらの対応は整形外科が中心となってきます。

呼吸器

よくみられる疾患としては風邪(上気道炎)のあとの気管支炎、気管支喘息、肺炎、誤嚥性肺炎があります。またしばしばある疾患としては慢性閉塞性肺疾患(COPD、肺気腫)、間質性肺炎、肺線維症、気管支拡張症、肺ガン(原発性、転移性)などが挙げられます。
その他、自然気胸や職業病であるじん肺、中皮腫瘍、縦隔疾患なども呼吸器疾患に含まれます。

一方、肺結核は結核医療費公費負担制度や結核予防法が関係してくるため、個人診療所や小規模医療機関でできることが限られてきます。初期(新規)および高齢者の陳旧性変化であれば対応可能ですが、活動性肺結核や要経過観察群に属す場合は、高分解能CTを含めた特殊検査が定期的に必要となります。
行政(保健所)の指示に従って、総合病院への通院をお願いいたします。

アレルギー

身近なものとして、花粉症、喘息、食物アレルギー、蕁麻疹、樹木や毛虫に触れたあとのかぶれ、ハチに刺されたあとの諸症状などがあります。それらは既往歴が大事になってきます。アレルギーを引き起こす免疫系は、神経系や内分泌系と細胞レベルで密な情報交換をしていることがわかってきました。アレルギー反応がひどくなると多彩な症状が出たり、イヤだなあと感ずることでアレルギー反応が出たりする現象は、そのためです。

ともあれ症状への対応は、個々人で少しずつ異なります。
改善へのレシピを、一緒に作り上げていきましょう。

心療内科

"こころの病"は、軽い場合なら内科でも外科でも婦人科でも対応可能ですが、重い場合は精神科での対応が必要になってきます。

気持ちの不安定さや過剰なストレスが、身体症状として出てくる例があります。身体症状とは頭痛や下痢、胸の痛み、息苦しさ、皮膚の荒れ、月経不順、血圧上昇などが代表です。これらの背景に心理的要素が深く関係している場合は心身症と呼ばれ、内科的アプローチとともに心療内科的アプローチを併用することで、症状改善が見込めます。

現代社会におけるキーワードは個性、こだわり、環境、関係性あたりでしょうか。
からだの不具合を調整しながら緊張・不安の原因を分析し、一緒に改善していきましょう。

労働衛生・社会医学など

当診療所の主軸が老年、呼吸器、心療、アレルギーなら、それらをサイドから支えているのが労働衛生・社会医学です。
診療所は医療を行う機関ですが、現代社会のなかに置かれた“場”でもあります。そこで働くスタッフも、診療所を訪れる方々も、複雑化してきた現代社会に生きる仲間です。

公害もメンタルヘルスも、過去のものとはいい切れない状態のなかで、わたしたちはともに仕事をし、社会を存続させ、次世代につないでいく責務があると考えています。
働くことや生きることを、同僚や住民の方たちと共に考える場にしたいと思っています。

診療時間

午前:8:45~12:00 午後:2:30~6:00

木曜、日曜および祝日は休診します。

所在地

〒259-0312
神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜120-5

特別養護老人ホーム シーサイド湯河原
所長ブログ浜辺の診療室から
図書のご案内
悩みを溶かす会
社会福祉法人 湯河原福祉会
湯河原老人ホーム ナイスケア湯河原