• 0465-64-1600

浜辺の診療室から

誰かを支えるために
one for all、all for one

  • 働き方(メンタルヘルス)

以前、優良企業を訪れたとき感心したことがありました。

その企業は、魅力的な商品を次々とヒットさせていました。

商品を作っているのは、直接部門です。

そこには実際に商品を作成する課だけでなく、

試作する課があり、耐性を調べる課があり、

研究開発課がありました。

 

感心したのは、間接部門の人たちでした。

日のあたる直接部門と較べて、

一見地味な間接部門には経理課があり、人事課があり、

総務・資材課があり、知的財産課(特許)があります。

その他、経営企画室や秘書室もそうでしょう。

わたしたちが問うたのは、モチベーションについてでした。

間接部門にいる人たちは、

モチベーションをどう保っているのでしょう?

中堅職員の答に、わたしたちは感心したのです。

 

 

 海の中に伸びる海中道路ってありますよね。

 あの橋げた、つまり支柱がわたしたちだと思っています。

 直接部門は、海中道路そのものです。

 それをしっかり支えるのが、間接部門の役割だと思うのです。

 頑強な強度と、数の双方が揃ってはじめて、

 海中道路は成り立ちます。

 不要な支柱にならないよう、

 余剰な支柱にならないよう、日々研鑽です。

 

 

職場で体調を崩して医療機関を訪れた人たちが、

うまく職場復帰できるかどうかも、じつは

人事を中心とした間接部門の手腕にかかっています。

直接部門をしっかり支えることができているカイシャと、

教育からバックアップ体制まで、粗雑なカイシャとでは、

職員の“再生”率が大きく異なってきます。

メンタルチェックが今年から義務化されましたが、

それだけで環境は変わりません。

 

合併とか子会社化とか派遣とか、事情はいろいろあるのでしょうが、

ラグビーでいう one for all、all for one

を忘れてはいけないってことでしょうね。

目次

認知症

高齢者の終末期

老いるということ

新型コロナウイルス感染症

心療内科

介護・医療・福祉の現場から

生をめぐる雑文

ページトップへ戻る